完・Full Brick Wiiの修復~任天堂へ直接修理に出してみる編~

公開日:  最終更新日:2014/05/02

HBC導入済みで、SoftChipや、Gammaなどをいれて、ハック済みのWiiがFull Brickしてしまった。
SaveMiiをやってみたり、Pink fishを試してみたりしてみたが治らなかったwii
万策尽きたので、任天堂オンラインサポートに修理に出してみた。

sponcer link


メールアドレスを記入して送信すると、自動的にメールが帰ってくる。

任天堂サービスセンターです。
メールアドレス登録を受け付けました。以下のURLをクリック
していただき、お客様情報、修理品情報の入力をお願いいたし
ます。
https://secure2.nintendo.co.jp/***…
このメールはシステムから自動送信されています。
また、このアドレスへの返答は受け付けておりません。

記載されているアドレスにアクセスし、お申し込みフォームが開くので、必要事項を書いていく。
そこで今回焦点となるのは、
ポイント1: 「どこがどのように故障していますか?」
ポイント2: 「どのような状況で発生しましたか?」

この2点。
ポイント1: 「どこがどのように故障していますか?」
症状はこんな感じにかいた。

Wii起動後の「Aボタンを押してください」という画面でAボタンを押した後に画面がブラックアウトし、フリーズしてしまう。

ポイント2: 「どのような状況で発生しましたか?」
最大の理由。
壊れた理由は、粗悪WADの導入の為。
しかし、そんなことをいえるわけもない。
そこで、アップデート中に、電源が切れたという事にした。
申し込みフォームの記入をおえ、送信すると再び、メールが帰ってきた。

 弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
任天堂株式会社サービスセンターでございます。
修理のお申し込みを受付いたしました。
お客様の修理お申し込み番号は ****** ****** ****** となります。
今後、この番号は見積り確認の際に必要となりますので、このメール
を消去されないようお願いいたします。
このメールはシステムから自動送信されておりますので、
このアドレスへのご返信は受け付けておりません。

オンラインで受付を済ませた後、
wii、保証書、申し込みフォーム終了後に印刷してといわれたもの
この3点を箱に同梱した。
ちなみに箱はちょうど[コンバース] ALL STARの箱があったので、
その中に新聞紙をクッション材としてつっこみ、ガムテープでしっかりと止めた。
近くのセブンイレブンへいき、宅配してもらう。
保障期間はとっくにきれていたので、こちらが送料もち。
東京から京都へ届けるのに1000円くらいかかった。
やっぱでかいし、距離もあるのでそれなりにとられるもんだ。
2日後には、あちらに届いたらしく再びメールがきてた。

 弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
任天堂株式会社サービスセンターでございます。
2009年09月09日、お客様からお預かりいたしました修理品の受付処理をいたし
ました。今後、故障内容を検証させていただき、ご指定されました見積
もり金額を超える場合は、メールにて連絡させていただきますので、し
ばらくお待ちいただきますようお願いいたします。
このメールはシステムから自動送信されておりますので、
このアドレスへのご返信は受け付けておりません。

あいよー
まつよー
でも結構やっぱ時間かかるんだろうな・・・
と、思っていたのだがその2日後・・・
再び任天堂からメールが来ていた。

 弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
任天堂株式会社サービスセンターでございます。
お預かりしておりました修理品でございますが、2009年09月11日に
ヤマト運輸様の宅配便で発送いたしました。
ヤマト運輸様宅配便伝票番号は****-****-****になります。
 なお、修理代金は、税込3,000円となります。
コレクト便(代金引換便)で発送いたしましたので、お荷物をお受け
取りの際に現金でお支払いいただきますようお願いいたします。
今後とも弊社製品のご愛用のほど、よろしくお願い申し上げます。
このメールはシステムから自動送信されておりますので、
このアドレスへのご返信は受け付けておりません。

治るのHAEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!
まさに神速ある。
そして、次の日の夜にはなんともうwiiが届いた!
DVC00217.jpg
クロネコほんとはえーなw
中身をあけてみると、本当に丁寧にクッション材がはいってた。
DVC00218.jpg
中身は全部でこんなかんじ。
DVC00219.jpg
保証書とか、パックされた袋に丁寧にはいってあった。
修理明細書にはこんなことが書いてあった。

Wii本体に故障がみられましたので、今回は以下の費用にて本体を交換しシリアルNo,も変更させて頂きました。
故障の影響で、本体保存メモリ内に作成されていたデータを取り出すことができませんでした。
初期設定よりのご登録をお願いいたします。
ご使用前にWiiリモコンのホーム登録が必要となります。(取扱説明書・準備編纂賞)

やっぱFull Brickすると任天堂本社でもどうしようもないみたい。
幸か不幸か、そのおかげで特に内容は見られることなく修理して頂けたようである。
ちなみに値段の詳細はこんなかんじだった
部品交換に800円
技術料に2057
技術料ぱねーwww
部品交換は、本体のものも含まれているが、メモリカードとGCコンさすところのカバーがなかったので、
それをつけるのに交換されたようです。
すっかり存在を忘れていた。
てか、普通に、3000円に収まるかんじで、修理をしているようですね。
さっそく、起動してみて中身を確認してみた。
DVC00221.jpg
やっぱ、最新版のようである。
さらに、残念なことにBootMiiがBoot2にインスコできなかったので、やはりLU64+のようである。
またFull Brickしたらほんとどうしようもないな。
結果
任天堂の対応は
だけど、戻ってくるwiiはやっぱり最新版
当然といえば、当然か(笑)
参考URL
Wiiが壊れたので修理に出してみた
[コンバース] CONVERSE CONVERSE ALL STAR D-BOOTS HI AS D-BOOT HI1C450 (ブラウン/8.5)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑