#jpoug 監査ログのバックアップとその活用法について発表してきた@JPOUG in 15 minutes #1

oracle-how-to-audit-backup2-001

公開日: 

Oracleの監査ログについて中々ほっこりあったまっていたネタをJPOUG in 15 minutes #1にて開放してきました。

その後の補足とか感想について。

 

sponcer link

 

Oracle how-to-audit-backup from Daiki Mogmet Ito

 

内容としては、簡単にまとめるとこんな感じ

 

  • 従来の監査方法と12cの統合監査についてのおさらい
  • それぞれのバックアップ方法についてのおさらい
    • sysの持ち物は別のスキーマにcreate tableしてからバックアップしてね
  • バックアップから戻すとき、戻せなくはないだろうが、物理バックアップは期間のデータを戻すには向いてない
  • 論理バックアップからでも戻すでもよいが、さらに一工夫をいれてDATAPUMPアクセスドライバを使った外部表を使えばさらにお手軽にデータを参照できる。

 

肝は外部表を使った参照ということで発表してきました。

案外この機能を知らない方も多かったので、今後一つの方法として皆様にも知ってもらえたら幸いです。

 

細かいやり方については以下を参照。

ORACLE_DATAPUMPアクセス・ドライバを使用したデータのアンロードとロード

 

ちなみにパラレルでもロードできるようです。

パフォーマンスに困ったらためしてみるのもありかと思います。

パラレル・ロードおよびパラレル・アンロード

 

今回、あまりネタは少なめな発表だったのですが、面白いと言ってくれる方がいて視聴者も楽しめるような発表ができて良かったです。

Keynoteを使ったリモートでのプレゼン切り替えはちょいちょい接続が切れて焦ることはありましたが、なんとかできていました!

しかし、ジョブスみたいに自分にもっと注目してもらえるような発表はできていなかったので、もっとプレゼン力を上げなければと思いました。

もっと精進いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑