Unity + Android + Firestoreを動かす

公開日: 

UnityでFirestoreを動かす時、iOSはわりとすんなり動いてくれたが、Androidの実機ではうまく動かず苦戦したのでメモ。

エラーはこんな内容
Could not determine the dependencies of task ‘:unityLibrary:compileReleaseAidl’.
> Could not resolve all task dependencies for configuration ‘:unityLibrary:releaseCompileClasspath’.    

> Could not find com.google.firebase:firebase-app-unity:6.14.0.      Required by:          project :unityLibrary    
> Could not find com.google.firebase:firebase-auth-unity:6.14.0.      Required by:          project :unityLibrary

ときにはこんな内容も出たり。
Could not determine the dependencies of task ‘:unityLibrary:compileDebugAidl’.
> Could not resolve all task dependencies for configuration ‘:unityLibrary:debugCompileClasspath’.    
> Could not find com.google.firebase:firebase-analytics-unity:6.14.0.      Required by:          project :unityLibrary    
> Could not find com.google.firebase:firebase-app-unity:6.14.0.      Required by:          project :unityLibrary    
> Could not find com.google.firebase:firebase-firestore-unity:6.14.0.      Required by:          project :unityLibrary

対策

対策としては、[Assets] > [Import Package] > [Custom Package]  からではなく、Package Managerを使ってインストールすれば問題なくできた。

最初の導入は上記で問題ない(むしろいれないとパッケージマネージャにも表示されないかも?)と思われるが、他のパッケージを入れるときにはパッケージマネージャが必要になる。

Packagesを右クリックして、「パッケージマネージャを表示」
その後、必要なパッケージをInstallする。

原因

import packageをすると、Packagesではなく、Assetsの下に関連ファイルがインストールされてしまうことがあり、そこにインストールされると参照できなくなってしまうようである。

なので、Assetsにインストールされてしまったら問答無用に消してパッケージマネージャでいれなおそう。

GeneratedLocalRepository?みたいなフォルダができてたらインポートがうまくいってない証になる。

まとめ

パッケージマネージャを使って外部ライブラリは管理しよう!

P.S.
Analyticsをドキュメントでは最初に入れているが、Firestore的にはAuthenticationライブラリにも依存しているので合計3ついれないと動かないです!!(Analyticsいれなくても動くけど、リリースするときまでにはどちらにせよ必須で入れとかないといけないやつ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑