Kotlin Android ExtensionsをViewHolderで使う

kotlin

公開日: 

viewholderでもKotlin Android Extensionsを使う方法のご紹介

sponcer link

ぐぐったらこんなことがかいてあった

Kotlin synthetic in Adapter or ViewHolder

Simple example from https://github.com/antoniolg/Kotlin-for-Android-Developers

気をつけるべき点はactivityやfragmentと違ってimport先にviewがついてる点。

import kotlinx.android.synthetic.main.item_forecast.view.*

※現在はKotlin Android ExtensionsにてUnresolved referenceと言われてしまう対策法でも紹介したとおり、mainをつけるのを忘れない

 

itemViewはViewHolderに定義されており、そのままそのプロパティとしてlayoutで定義した値が使えるようになっている。

itemViewが自分で定義しているものと勘違いして気づくのに時間がかかってしまった・・・

 

まとめ

ViewHolderやadapterでもKotlin Android Extensionsは使える!!!!!!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑