debian5.04 にてapacheからapcまで導入

公開日: 

久々に技術的記事の更新
仕事でAPCをいれるという作業があったので、導入までを記事にしました。
APCってなんぞや!?
っていうのを簡単に説明すると、PHPの実行をはやくするものらしい。
まぁいれとくと吉ですね/(^o^)\

sponcer link


→ 此れは・・・
終端の私と異世界のdebianとの
壮大な戦いの序曲である・・・
[目標]
以下のコマンドを実行できるようにする。

#pecl install apc

[作業メモ]
とりあえず、Webサーバがないとはじまらないよね。
ってことでapacheを導入する。
(ちなみにコマンドは全部rootでの実行)

#aptitude install apache2

さらにPHPも導入。トリャッ

#aptitude install php5

次にpeclを使うためにとりあえずpearをいれる

#aptitude install php-pear

さぁこれでAPC入れられるだろうと、pecl install apcを実行すると、、、
phpizeが必須ですと怒られたのでphpizeを入れるために以下のコマンドを実行する

#aptitude install php5-dev

さらにリトライ!!
するが、今度はapxsないと怒られたので以下を実行

#aptitude install apache2-dev

しかし今度はmakeできねー!っておこられたのでmakeを入れる。
まったく注文が多いdebianだ。

#aptitude install make

そしてリトライすると

#pecl install apc

(省略)

Build process completed successfully
Installing ‘/usr/lib/php5/20060613/apc.so’
install ok: channel://pecl.php.net/APC-3.0.19
configuration option “php_ini” is not set to php.ini location
You should add “extension=apc.so” to php.ini

と表示されようやくapcをインストールできた。
次に表示されたメッセージどおりにphp.iniにextension=apc.soを追加する

#vim /etc/php5/apache2/php.ini

1256行らへんにextensionの記述郡があったのでそこらへんにいれといた。
(ちなみに/etc/php5/cli/php.iniにもphp.iniがあるが、こっちではないので要注意)
そんでもって設定を有効にするためApache2をリスタート

#/etc/init.d/apache2 restart

適当にphpinfo()を書いたファイルを作って

#vim /var/www/phpinfo.php

ブラウザでアクセスし、
phpinfo
こんなかんじにphpinfoにAPCの項目ができてれば導入成功。
やったねたえちゃん!!
[参考]
PHPでPeclをインストールするメモ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑