#shibuyaswift #3 でwatchOS2のTimetravelのタップした情報取得について発表してきた

get-timetravel-complication-eyecatch.jpg

公開日: 

人生二度目の勉強会発表をshibuya.swift #3で発表してきました。

内容はあまり触れられることがなくなってしまったwatchOS2のTimetravelについてです。

【watchOS2】Timetravelを実装したComplicationをタップした時の情報を取得する方法 from Daiki Mogmet Ito

ネタバレすると、WKInterfaceControllerのhandleUserActivityのuserInforの中にタップしたNSDateが入ってくるというお話でした。

サンプルはこちら。

Steins;Gateのエンディング一覧がタイムトラベルで見れるサンプルとなっております。

余談ですが、実はこのタイムトラベルをタップしたらその情報が見れるという実装は前職時代にエキサイトニュースでも実装しておりました。

よかったら使ってみてください☆

@mogmetの所感

2回めの発表でしたが、前回の教訓を活かして予めプロジェクターとの設定を確認し[email protected]_to_44さんのMacを借りての発表になりました。

この場を借りて深く感謝いたします。

今回の件でmacbook proを1台買っておくのもありなのかもしれないと思ってしまいました。

発表自体はものの見事ネタが滑っている感じでし[email protected][email protected]いなと感じました。

これからも発表を通して日々精進してまいります!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

PAGE TOP ↑