#bv2018 BIT VALLEY 2018 ネットワークエンジニア視点で見たインターネットインフラ に参加してきたまとめ

internet-infrastructure-from-network-engineer-side

公開日: 

渋谷に拠点を構える4社が開催したテックカンファレンス BIT VALLEY 2018に参加してきたのでそのまとめです。

本記事はMAIN TRACKで行われた「ネットワークエンジニア視点で見たインターネットインフラ」のまとめになります。

sponcer link

中里 昌弘

  • 同じlinuxサーバを作成するにしても昔はCD-ROMから1時間くらいかけてインストールしたが、今はAPIを叩いて30秒で起動する
  • インターネットに繋がっているユーザはほとんどつながっている。
  • サービスを作るハードルがどんどん低くなっている

インフラ事業紹介

  • アクセス事業:フレッツなどのいンターネットにつなぐための事業
  • お名前.com:ドメイン管理サービス
  • ホスティング ConoHa:vpsサービス
  • GMOアプリクラウド:ゲーム向けクラウドサービス
  • 各国のデータセンタへ展開して現地の方とサービスを作っている

データセンタでネットワークインフラを作る

  • 大切なのはお客のことを考えて仕事をするということ
  • クラウドサービスは5-6年すると古くなったサーバをリプレースする必要がでてくる
  • データセンタ&ラックを借りて、回線、IPアドレス、AS番号(IPアドレスを束ねる単位)、物理的な機器が必要になる

データセンタ

  • 専門業者からラックという単位で借りる
    • 地震などでとまっても自家発電で運用ができる
    • ラック1本で30台位のサーバやネットワーク機器が詰める
  • データセンタはルータ、スイッチ、セキュリティ、サーバ、集線スイッチ、ロードバランサ、配線、ストレージなどのインフラ機器を組み合わせて構成する
    • これらを選んで買い物するのもエンジニアの仕事
    • 英語ができることで必要な情報へのアクセスも増える
  • インターネット – データセンタバックボーン – サービスユニットネットワークといったかたちで構成されていく

IPアドレスの確保

  • グローバルIPアドレス、AS番号、通信キャリアからグローバルIPアドレスが必要になる
  • 東京では大手町にISPが集約しているので、そこに経路を変えて多重化した上で接続している
  • IPアドレスをAS番号で束ねBGPで接続する

@mogmetの所感)

大手町にDCが多いような感じがしていましたがISPが多いのにも一つの要素があるのだなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑